今世紀中になんとか

いろんなWebコンテンツを体験学習していく覚え書きのブログだけど 制作物が進まないことで息抜きで始めた かき氷食べ歩き記事まみれになってしまってるブログ

【奈良かき氷】 吉野本葛 黒川本家 東大寺前店さん

スポンサーリンク


こんばんは。ひらいランドです。

 

2020年6月20日土曜日:奈良市 東大寺近くの吉野本葛 黒川本家 東大寺前店さん でかき氷を頂いてきました。
黒川本家のかき氷です。
和三盆、葛白玉、小豆あん、葛豆腐が入っています。
お好みで特製黒蜜をかけてお召し上がりください。と説明があります。

f:id:hirailand:20200622231038j:plain

黒川本家のかき氷です。

f:id:hirailand:20200622231106j:plain

お店 説明

こちらさんのかき氷はあっさり風味。
全体的に和三盆の蜜がかかっており控えめな甘さ。
添えられている小豆あんのこれまたほんのりとした甘さ。
甘さといってもべたべたせず、しつこくもなく、必要最低限、しっかりとした甘さなのです。

f:id:hirailand:20200622231141j:plain

特に自分好みなのは小豆あん。昨年も添えられていましたが、単体で小豆の風味がしっかり感じられ、甘すぎず、粒の食感もちょうどよい口当たりです。

f:id:hirailand:20200622231214j:plain

小豆などアップ

葛豆腐はまわりの和三盆や小豆あんとは違った方向のほのかな甘みをもち、ほどよい弾力もあります。かき氷を食べ進めるのに途中で味変化させて楽しめます。
葛白玉は普通のよく見かける白玉より柔らかい食感になっており、氷と一緒に食べるもよし、小豆あんと一緒にほおばるも良し、後述の黒蜜とあわせて黒蜜団子でいただくも良し、と自由度が高いです。

 

添え物の黒蜜は一見砂糖の甘さが強烈なのでは?と思ってしまいますが、やはりこの素材もやさしい味わいでありつつも黒蜜の風味はしっかり主張しています。
ほとんどがあっさり風味ですが、物足りないなんてことはなく、それぞれの素材の味は他の味に負けることなく印象的に舌に残ります。

f:id:hirailand:20200622231403j:plain

黒蜜

体に染みる程よい甘さ。美味しくいただけました。
ごちそうさまでした。

 

他には~

他のお客さん多めだと、お食事メニューもやっておられるせいか、かき氷が出てくるまではやや遅めです。気長に待ちましょう。

 

特製黒蜜の入れ物。かき氷に黒蜜を注ぎ、トレイに戻しますが、注し口からポタポタ垂れることなくきれいに収まります。
シンプルなのにしっかり液だれしない良いものを使われています。

 

公式ページ:店舗ご案内はこちら
http://yoshinokuzu.com/sub5.html

 

f:id:hirailand:20200622231752j:plain

2020年度かき氷ガイド

かき氷ガイド 2020/2019/2018/2017/2016掲載店 (2015以前手元資料なし)

 

今日のひみつ(食べた日のひみつ)

このお店のお食事メニューも気になるものがあるのに
いつも他の場所で食事をしてしまってから このエリアに到着します。
忘れっぽいのぅ。