今世紀中になんとか

いろんなWebコンテンツを体験学習していく覚え書きのブログだけど 制作物が進まないことで息抜きで始めた かき氷食べ歩き記事まみれになってしまってるブログ

【奈良かき氷】 上高地 あずさ珈琲 大和高田店さん

スポンサーリンク

2020年8月9日 日曜日1軒目:大和高田市神楽の 上高地 あずさ珈琲 大和高田店さんでかき氷を頂いてきました。
ナガノパープル です。

 

単品の説明書きはありませんが、かき氷全体の説明として下記の内容が記載されています。

信州ミルクで作る
ふわっふわのエスプーマ
自然の甘みがお口でとろける
あずさ珈琲の極上かき氷
生シロップ
フルーツ王国信州の天然素材を低温殺菌製法で
仕上げた生シロップ。フルーティな香りや色、
自然な生の鮮度感を大切に残しています。

f:id:hirailand:20200813224823j:plain

ナガノパープル です。

f:id:hirailand:20200813224846j:plain

上から

f:id:hirailand:20200813224909j:plain

お店メニュー

いちばん上には柔らかく凍らせたブドウの実x3
それを支えるミルクエスプーマはしっかりとした質感です。
氷全体にかけられたぶどうのシロップは細かいブドウの素材が残っており、ぶどう独特の深い香りで包んでくれます。
この日は暑かったせいでしょうか氷は粗くふわふわではありませんでした。氷の表層は手で押さえたような感じでやや硬い層になっています。
さらに氷の温度はやや冷ため。ぱくぱく食べられる温度ではなく舌が冷えてしまいます。氷の量が多めということも考えれば、温かい飲み物も併せて注文しておけばよかったですね。

器の高さまで食べ進めると大半の氷は溶け、おいしいぶどうジュースとなりました。天然素材のシロップだと最後は良い飲み物になるのでありがたいですね。
砂糖多めのシロップだと こうはいきません。
氷の最下層には小さいキューブ状のものが入っていました。
寒天と思いきやしっかりとした歯ごたえ。ナタデココのようです。
というわけで最後は自動的にナタデココinぶどうジュースを頂くことができました。
ごちそうさまでした。

 

他には~

かき氷メニューは 信州ミルク、ナガノパープル、いちご、抹茶の4種類。
エスプーマ部分の事と思われる、信州ミルクフォームは+100円で増量できるとのこと。練乳増量はよくあるサービスですが、エスプーマ部分の増量って珍しいかもしれません。

f:id:hirailand:20200813225117j:plain
f:id:hirailand:20200813225132j:plain
f:id:hirailand:20200813225143j:plain
外の看板と店内メニュー

 

このお店はメニュー盛りだくさんカフェです。
昨年はかき氷は無かったように思います。(見てないだけかも)
人気はパンケーキ。いろんなところに掲載されるパンケーキの写真は食欲をそそるものばかり。
喫茶狙いだけではなくランチ狙いでも良いお店です。

 

あずさ珈琲さんは比較的新しいお店。
私はこの大和高田店と橿原店の場所を知っていますが、
いずれの店舗もすぐ近くに元からスターバックスがある立地状況。
世界的に有名なカフェに戦いを挑んでらっしゃるお店なのかもしれません。
やはりランチはどんなものかチェックしないといけませんね。

 

公式ページ:店舗ご案内はこちら

kagonoya.food-kr.com

 

 

奈良かき氷ガイド 未掲載店

 

 

今日のひみつ(食べた日のひみつ)

お店の名前に”珈琲”って入ってるのに未だにここでコーヒーを頂いたことがありません。
ランチで挑戦すべきでしょうかね。。。